キャッチコピー

お腹の赤ちゃんのための血糖値測定器

現在妊娠中です。婦人科で検査をしたのですが、ショックなことに血糖値が基準値ギリギリと言われてしまいました。
子供のことを考えるとこのままにしておくのは危険な気がします。
でもお腹の子供の分までしっかりと食べなければいけないし、自分の体のことが心配になってきました。
そこで妊娠中の間だけでも血糖値を測ろうと、血糖値測定器を購入することにしたんです。
海外の物の方が安いのですが、少し心配なのと短期間だけなので高くても国内製造の物にしようと、薬局で国内メーカーの血糖値測定器を購入することにしました。
それにしてもお値段がかなりするので驚いています。でも赤ちゃんのためですし、血糖値を測って健康な食事をしようと思います。

血糖値とは、血液中のブドウ糖の値を指します。
ブドウ糖は、生活する上で欠かせない栄養源となるものですが、血糖が増え過ぎることは高血糖を引き起こし、糖尿病のリスクを高めてしまうこととなります。
高血糖の状態はインスリンの機能が低下することから、血糖値をコントロールできなくなってしまうために起こります。
糖尿病は検査において、空腹時に126mg/dL以上、食後に200mg/dL以上の血糖値がある人が診断される病です。

友人が血糖値測定器を使っていてショック!

僕の友人のひとりが、血糖値測定器を使っていることが判明しました。 つまり・・・糖尿病になってしまっているってことですね。 友人がそんなことになってしまってショックと言いますかなんと言いますか
。 そもそも僕らはまだ糖尿病で血糖値測定器が必要になるような年齢じゃないはずなんですけどね。 そういうこともあって、かなりのショックを受けています。 自分だって消して他人事じゃないということが分かったわけですしね。
今まではほとんど血糖値なんて意識したことがなかったですけども、これからは注意しなければいけないなと本気で思います。 とりあえず彼は非常に不憫でしょうがないですけどね。 これから一生付き合っていかなければいけないわけですし。 自棄にならずに頑張って欲しいです。
血糖値測定器のランニングコスト